●2019年5月25日(土)上映

『教誨師


 

ゴトゴトシネマ第46弾は「教戒師」。

2018年2月に急逝した俳優・大杉漣の最後の主演作

にして初プロデュース作で、6人の死刑囚と対話する

教誨師の男を主人公に描いた人間ドラマです。

 

●ストーリー

牧師の佐伯は、半年前に着任したばかりの教誨師。

彼が面会するのは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。

皆、我々と変わらない人間でありながら、

どこかで道を誤ったり、ちょっとしたボタンの掛け違い

によって取り返しのつかない過ちを犯した人々。

 

他の受刑者と顔を合わせることなく、家族にも縁を切られ、

独房で孤独な生活を送る彼らにとって、

教誨師はよき理解者であり格好の話し相手。

真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に

終始したり、自らの罪を全く顧みない者もいる。

 

一方の佐伯は彼らに寄り添いながらも、

自分の言葉が本当に届いているのか、

そして死刑囚たちが心安らかに死ねるよう

導くのは正しいことなのか苦悩する。

 

その葛藤を通して佐伯もまた、はじめて忘れたい過去と

対峙し、やがて自らの人生と向き合うことになる……。

 

世界各国で次々と廃止が決まる中、いまだ存続する

我が国の死刑制度。この極めて特異なシステムの下で、

ひたすら対話を繰り返す死刑囚とひとりの男。

 

全編にわたり、ほぼ教誨室という限られた空間での

会話劇ながら息つく暇もなく、時にユーモアを交えて

展開される魂のぶつかり合い。次第に明らかとなる

それぞれの人生。

 

そして浮き彫りとなる人間の本質。生きるとは何か。

罪とは何か。底の知れない淵を覗き見てしまったような、

骨太な人間ドラマが誕生した。

 

         ●

 

昨年9月に上映した「獄友」にもつながる

シチュエーション。我が国の死刑制度の実際も

垣間見れる秀作です。ぜひご参加ください。

 

 

■日時:2019年5月25日(土)

①13:30~ ②16:00~ ③18:30~

※開場は20分前、上映時間は約120分です(上映前の予告編含む)。

 

■会場:自由民権記念館ホール(高知市桟橋通4丁目14-3)

 

■入場料:

前売・予約1300円、当日1500円、中・高校生800円、小学生以下無料。

 

■前売り券販売所:

高新プレイガイド、金高堂本店、県民文化ホール

※下記メール・お電話でも前売り料金(当日精算)で、

ご予約いただけます。

 

■予約・問合せ:boogieboogie4@gmail.com 090-9803-9984(前田)

※ご予約の場合は、お名前、ご連絡先、ご参加人数(大人、中・高生、

 小学生以下ごと)、何時の回かをご伝達ください。

※前売り予約は前日までとさせていただきます。

※全席自由席です。お早めにお越しください。

※フェイスブックイベントページへの「参加予定」では、前売り予約と

 なりませんので、必ずメールかお電話にてご連絡お願いします。

 

■主催:ゴトゴトシネマ

■後援:高知市教育委員会、高知市文化振興事業団

 

●「教誨師」公式ページ

http://kyoukaishi-movie.com/

 

●FBイベントページ(最新情報が更新されます)

https://www.facebook.com/events/2229550287296659/

 

●「教誨師」予告編

https://www.youtube.com/watch?v=zVI6OwCCLIE

 

●Profile

こんにちは、高知市土佐山のゴトゴトシネマです。

以前は土佐山の桑尾公民館を利用して無料上映会などを企画してきましたが、2016年の春より山を降り、高知市、県内・外にて様々な映画の上映を企画していくことを決意。

店主の好きな音楽系から、環境系、オーガニック系などのドキュメンタリー他、ミニシアター系の名画などをゴトゴトと上映しております。

小さい頃見た、荻昌弘率いる「月曜ロードショー」、水野晴郎率いる「水曜ロードショー」、淀川長治率いる「日曜洋画劇場」などの往年の傑作もやりたいですね。

こんな映画、あんな映画を上映して欲しいとか、こんなところであんなところで上映して欲しいとかリクエストがありましたら、ご連絡ください。心に残る1本をゴトゴトと上映していきたいと思います。

●What's New