●2019年2月2日(土)、3日(日)上映

『カランコエの花


 

ゴトゴトシネマ第39弾は「カランコエの花」。

今年の7月に公開され、LGBTをテーマに国内の映画祭で

グランプリ6冠を含む計13冠を受賞した話題作です。

 

ゴトゴトは上田監督作品の配給会社・ガチンコフィルム

さんが、情報をシェアしていて知ったのですが、

「カメ止め!」同様、インディーズ系の作品で、

単館での1週間限定上映が、あまりにも大きな反響を呼び、

SNSなどでの拡散によって話題となり、全国公開へ拡大。

今だに続々と新たな上映館が増えているといいます。

 

舞台ははある地方都市の高校、

突然、LGBTの特別授業が行われたことから、

高校生たちが「クラスの中にLGBTがいるのではないか」

と騒ぎ、動揺が広がる…というストーリー。

手持ちカメラでの撮影が、夏休み前の数日間の

揺れ動く高校整体の不安な心情を捉えます。

 

LGBTの問題を当事者の目線で描くのではなく、周囲の戸惑い、

潜在的な差別意識を浮き上がらせた点が秀逸で、

“人を愛する気持ち”に違いはあるのかを、

深く深く考えさせてくれます。

 

またそのことを突き詰めて考えると、この映画の本質が

LGBTに限定されたものでなく、すべての人間に関わる

問題を描いていることが分かります。

 

人を思いやる気持ちが、かえって人を傷つける瞬間

差別を否定する言葉が、逆に差別を助長する瞬間

想いと答えが空回りして交錯する不器用な社会を

我々は営み、矛盾を抱えながら生きています。

この映画は、そのことをも捉えて、

我々の心に疑問を提示していきます。

 

39分という短い作品ながら、激しく引き込まれ

登場人物一人ひとりについて、

強く心を寄せてしまう秀作。

ゴトゴトシネマの涙腺は、

またもや激しく決壊してしまいました。

 

ぜひご参加ください。

 

■日時:2019年2月2日(土)、3日(日)

両日とも①12:00~、②13:30~、③15:00~、④16:30~、⑤18:00~、⑥19:30~

※開場は20分前、上映時間は約50分です(上映前の予告編含む)。

 

■会場:喫茶メフィストフェレス2Fシアター(高知市帯屋町2-5-23)

 

■入場料:

前売・予約1000円、当日1200円、高校生以下800円、席が不要な未就学児無料。

 

■前売り券販売所:

高新プレイガイド、県立美術館ミュージアムショップ、

金高堂チェントロ、県民文化ホール

※下記メール・お電話でも前売り料金(当日精算)で、

ご予約いただけます。

 

■予約・問合せ:boogieboogie4@gmail.com 090-9803-9984(前田)

※ご予約の場合は、お名前、ご連絡先、ご参加人数(大人、高校生以下、

 席が不要な未就学児ごと)、何日の何時の回かをご伝達ください。

※前売り予約は前日までとさせていただきます。

※全席自由席です。お早めにお越しください。

※フェイスブックイベントページへの「参加予定」では、前売り予約と

 なりませんので、必ずメールかお電話にてご連絡お願いします。

 

■主催:ゴトゴトシネマ

■後援:高知市文化振興事業団

 

●「カランコエの花」公式ページ

https://kalanchoe-no-hana.com/

 

●「カランコエの花」高知上映会詳細ページ

 

●「カランコエの花」予告編

https://www.youtube.com/watch?v=Xp54KXe37SE

 

●Profile

こんにちは、高知市土佐山のゴトゴトシネマです。

以前は土佐山の桑尾公民館を利用して無料上映会などを企画してきましたが、2016年の春より山を降り、高知市、県内・外にて様々な映画の上映を企画していくことを決意。

店主の好きな音楽系から、環境系、オーガニック系などのドキュメンタリー他、ミニシアター系の名画などをゴトゴトと上映しております。

小さい頃見た、荻昌弘率いる「月曜ロードショー」、水野晴郎率いる「水曜ロードショー」、淀川長治率いる「日曜洋画劇場」などの往年の傑作もやりたいですね。

こんな映画、あんな映画を上映して欲しいとか、こんなところであんなところで上映して欲しいとかリクエストがありましたら、ご連絡ください。心に残る1本をゴトゴトと上映していきたいと思います。

●What's New